爆弾地帯 [情報受信中]

Minefield31a1pre
64bit版 Firefoxなんて、あったんですね。
Start64! を見ていたら、64bit版火狐、最新バージョンコードネーム"Minefield" を発見。
64bit OSの上で走らせて見てください。違いがわかると思います。

ただ、64bit用のFlash Player Pluginがなく、これだけではYoutubeも見られません。
32bitのものが搭載できるとの話ですが、僕のはインストしても動きませんね。
いちいち必要なときだけ32版に切り替えるのは面倒です。。どなたかソリューションを
ご存知な方教えていただきたいです。

また前回ちょっと書きましたが、赤外線デバイスが認識されません。ほうっておくと、OS側も無視したまま
「不明なデバイス」すらでません。内臓赤外線デバイスは、新し目のWinバージョンではデフォルトで認識
しないらしいです。ハードの追加で(なぜかCOM3シリアルポート??)追加できたはいいけど、正常動作の
アイコンが出ているにもかかわらず、相変わらずリモコンも何もききません。
工場出荷時のVista64では eHome Infrared Transceiverが入っていましたが、MCEいらないし、x64には
入っていないので、標準ドライバには含まれていません。探し回っても、x64版のeHome...は見つからず。

こちらも、何か情報提供があることを祈ります。

自分はとりあえず中断。卒プロ終わらせる環境は整ったし、パソのメンテをやるためにここにいるわけではない。
でも、解決したらうれしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こっちも救済

090523_1
ラップトップのVistaがとてつもなく遅くなったので、この際おさらばしました。ただHPの詰め込み機であり、Vistaのために作られたモデルなので、一筋縄にOSをダウングレードさせてくれない上、BIOSの設定にも制限があるようです。

が、僕よりトロいこのマイクロなんとかの無駄なおもちゃに、もはや付き合う余裕はさらさらです。
というわけで、いろいろと調べまわり、聞いたりしながら、ようやくXPへ落とすことができました。
OS自体は、S-ATAへのアクセスを開通すべくドライバをインストーラーに統合するだけですが、そのあとの各デバイスのドライバを揃えるのに苦労しました。 XP x64だからです。。。
赤外線デバイスだけ、まだどうにもならないので、放置していますが。。。

090523_2 090523_3

同時に、そろそろペンギン漁夫の利の時も近づいてるんじゃないかと思い、先駆けてLinuxへ再び。Ubuntuはグラフィック計算と外部機器コンパチにすぐれていると聞いたので、今回はUbuntuから入ることにしました。5年くらい前のDebian, RedHat, Vineなどの時代からだいぶ、変わりました。 OSインストーラを投入後、食事にでかけてかえってきたらもうデスクトップが表示されている...みたいに。実際は途中で設定項目はありますが、マックと同じような態度で勝手に外部認識したり、ネットワーク接続など進めてくれるので、すごく楽になったもんです。やっぱりこちらも赤外線は認識していませんが、他カメラやフラッシュメモリのような特殊デバイスでも簡単に設定してくれました。Office系、グラフィック系など、WinやMacと併用する人が増えているゆえ、互換性も圧倒的にレベルアップしました。もうXPもいらないくらいですね

Ubuntu_mm0905s

思うに、Linuxが主流になるのは時間の問題じゃないかと。。。Macはコアなファンがいますが、
PCからLinuxに乗り換えていく人がどんどん増えてくるんじゃないかと思います。
まだ不安な人は、VMWareのような仮想マシン構築で、一度Winの中でLinuxを試してみるのもいいんじゃないでしょうか?

ちなみにこの日記も、my Ubuntuから書いています

| | Comments (2) | TrackBack (0)

戦士

今後の覚えのためにも、実況します。

例の痛んだ林檎ちゃんですが、ラボ機を借りて、
TDMでつないだ林檎ちゃんを、かの百戦の覇者Disk Warrior
診断修復を試みました。すると,,,,,リビルドボタンを押して待つこと数分、
いとも簡単に診断結果が返ってくる。
「18個のファイルが要修復、50フォルダを再構築します」みたいな感じ。
しかも成功した状態をプレビューマウントして、中をのぞくこともできるので
修復後の心配も軽減してくれる。うわさどおりの精鋭ソフトでした。

そして林檎ちゃんはどうなったかというと、、、TDMでマウントしたりしなかったりの挙動も、
必ずマウントするようになり、問題のスタンドアローンブートも、ある条件下で成功。
デスクトップに正常にたどり着くことができました。
その「ある条件下」というのは。。。昨日書いた、傾けるとちゃんと動くというやつです。
これはやっぱり、HDD自体に問題があるのでしょう...。

色々やってみた甲斐はありました。
ファイルシステムはちゃんと修復され、一応は正常起動できるようになったということで。。
あとはこの傾け。

ここで、この先のことを二通り考える。
(1) Genius Barで、診てもらったあと直してもらう。
(2) 売る。

一応は正常に動くわけだし、200$前後で売れないかなあ。。
正常な中古で平均的にこのくらいだから。。。
傾けなくてもちゃんと動くようになれば、言うことなしですが。

自分でHDD交換したら、Genius Barすらサポート外になってしまうのかな? でなければ、
換えのHDDを入手 (DAIDAI君ありがとう!) して、動くようにしてハイ! なんて売り払っちまおうか...。
そのお金は、MacBook ...と生きたいところだけど、今後の資金にしようか。

みなさん、どう思いますか?

望みを捨てずWarrior試してみてよかった。励ましのコメントくださった皆さん、ありがとう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

再会から3年

Unhappymaclogo
渡米に備えて購入した林檎ちゃんが、どうやら時を迎えたようです。

まだ看病中なので、火元と原因は不明ですが。。

ある日突然挙動が劇的に遅くなり、再起をかけたら、最初のロゴから
進まなくなりました。次の再起で、おなじみの「?」フォルダマーク。
install DVDからユーティリティで修復を試みるも、
「基になるタスクが終了時に失敗したことが報告されました」
というエラーメッセージで異常終了。
そもそも、マウントコマンドを投げても、ウンともスンとも言わない。
シェルからのコマンドもダメ。

このあたりで、HDDから妙なスピン音が聞こえることに気がつく。
HDDが逝ったか。。。

とにかく診断はさておき、まずなによりバックアップをせねば。
でも、

- 通常起動は、OS識別不可かつ挙動めっちゃ遅くて X
- 本機からのシングルユーザーモード(SUM)も、そもそもアップルロゴまでたどりつけないので無理
- インストーラDVDからでも、上記の通り
- インストーラからのSUMでも、本機ドライブ自体がマウントできない(Incorrect Superblock)ので不可

もう一息踏み込んでみるか、、、とOTLしているとき、ふと、
前に知り合いが、HDDのぶっ壊れた林檎機を
傾けたりして、この妙音が消えた! そのときだけ挙動が安定する!という
妙な現象を体験していたのを思い出す。

すると....音が消えた!
しかも、?どまりだったはずが、OSを識別してロゴ表示。伝説は本当だったか、と
歓声をあげようとした瞬間、ロゴ+ロード中 でいきなり落ちる。
ただ、SUMは立ち上がる。そこでfsckをかけるも、invalid key length と出て、
やっぱり修復失敗。diskutilもダメ。
再びバックアップに徹することにする。外付けRAIDにデータを一気にバックアップしたいが、
Read Only File Systemの一点張りで、mkdirすらさせてくれなく、RAIDがマウントできない。

この辺もうちょっと粘ろうか、他に方法はないかと探っていたら、
最近の林檎機種には ターゲットディスクモード(TDM) という機能があることを発見。
これは、本機をFirewire経由の外付けHDDとして、他のMacにつないでファイルをやりとりすることが
できるというもの。
起動時Tキー(もしくはコマンド+ T ) を押し続けると、FirewireのロゴがX86スクリーンセーバーみたいに
ランダムに表示されるようになる。これがターゲットユーザーモードの状態。

この方法でいこう。ラボのマックを経由して、TDMにセットした本機と外付けRAIDを Firewireで接続。
すると、やはりマックはユニバーサル。すぐにマウントしてくれた。(本機のディスクが壊れてるっぽいから
直せという警告は出るが)
さっそくファイルバックアップ開始。2時間ちょっとで、フォルダひとつ残してすべてコピー完了。
残りのフォルダは、自分のプライベートフォルダ。ほとんどの容量がこのフォルダにあるため、
バックアップは個別にしようと最後に残した。
今日はラボがしまったため時間切れでできず。明日、この最後のフォルダ救出作戦です。

......とまあ、とにかく、Genius Bar直行です。
おそらくHDDではないかと。。。カタログ破損だけじゃ、こんな何かが煮えるような
グツグツ音
は、聞こえないでしょう。。。

修理するにも、AppleCare切れちゃったしなあ。。。
また300$くらい発生するのかしら。。。今度は自腹だぞ。。

もし帰らぬことになったら、
またAppleが劇的躍進をするまで、しばらくお別れになっちゃうかなぁ。
まだ電話がどうの、超薄型がどうの言ってるし。。LeopardはIntelMacの
贅沢品に見えてしょうがないし。。。

へそくりをちょちょ切って、HDD交換してもらう方向で行きます。
すでにネット環境もWin機に移行済み。作業機ではやりたくないけど、しかたがない。
帰ってこいー。

....
Knoppix、試した人います? CD, DVD上で走る、DebianベースのLinuxディストリビューションです。なんかMac Miniで動作確認した人はいるようだけど、
僕のPBG4では、動きませんでした。(起動時DVDにアクセスするが、中を読まない。ブートイメージも
一緒にそっくり焼いたのに。。)

いかんせん、災難はいつ何時起こるとも、はや。
それでも作業は依然つづける者こそ、貫ける人間への一歩。
頑張ります。林檎ちゃん帰ってこいー!(再)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

[便利めも] 05/08/06 weblocをwinでも

winでIEなどからブクマすると、インターネットショートカット「.url」になります。でもMacのSafariなどではインターネットロケーション「.webloc」という形式になって、winとブクマ共有したいって人はもどかしい思いをするでしょう。
そこで他力本願
.weblocを.urlに変換してくれるアプスクを発見したので、ここにアーカイブ置いときます。

気になって眠れなかったって人はぜひ!(いないだろ
でもat ur own riskでお願いします

| | Comments (69) | TrackBack (0)

おいちゃん、それを言っちゃあおしm

...の寅さんじゃありません。
「虎さん」 です。

PantherからTigerにウップしました。
Leopardまでの橋渡しバージョンと言われてもおかしくない。
新機能はうれしい。Apple Mailもインターフェースキレイになった。
が、Safariがよく落つる。裕作の連続です(ナンジャコリャアー
パッチ出てるんですか? なんかゲイツ方式。。

でも、タブブラウズも出来るようになったね。
Spotlight、なんかWinのクラフトみたいに一発アクセスできてイイ!
Dashboardもうれしい。辞書が手元に来た感じね。

開発環境が強化された模様。XCode2のインストーラがついてるぞ。
裏方テクノロジーの面でも、かなり改善されたみたいで、セキュリティも向上したそうです。(使っててもあんまり表に見えてこないけど)
大幅なバージョンアップ(といってもシステム面で)はLeopardに期待しましょう

| | Comments (4) | TrackBack (0)

まいがー


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050604-00000001-cnet-sci

う、うそでしょ。。。??


林檎も、結局カネの毒牙に。。。?

というか、
ジョブスはこれを許してイインデスカ?!
裏で何があったというんDA?!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

骨mino? / て、手嶋さんがぁ.....!


Camino?

Ca + mino?
= カルシウム + 俺?

寒。

Safariよりも速いとうたわれる、Mozilla開発のマックブラウザ「Camino」。
http://www.caminobrowser.org/
確かに、すっきりしてて軽い感じがするな

ぶむ。
でもあんまり速度差を感じないから、Safariのままでいいかな。
ワガハイ珍しがり屋だけど、必要以上にはゴハンのおかわりはしないのです

.................................................................................................................................

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/publishing/?1117796778
NHKワシントン支局長でおなじみ、手嶋龍一氏が、エビ騒ぎの巻き添えで、ポストをおろされるらしいです。
辞めちゃうのかなあ。。あの癒し系しゃべりはもう聞けなくなっちゃうのか。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

[memo]iKeyなど

[iKey]
winではショートカットで、マウス使わなくてもほとんどの作業が
できますが、macではそうもいかないですね。(メニューとか)
Quickeysは有名だけど、アプリを常駐させる形になり、あまり
スマートなやり方とはいえない。

それでいいのはないかなと探していたところ、
iKey (旧YoupiKey)
http://scriptsoftware.com/ikey/
というソフトが存在するのを発見。早速使ってみたら
これがかなりイイ。コンパネレベルの常駐なのでメモリを食わないし、
クイックメニューから設定できるから邪魔にならない。
ファイルをどのアプリで開くか、とか このアプリのこの作業は
このショートカットキー、という感じですごい細かく設定できるので
私みたいなキー坊には持ってこいや!

[メーラー]
はじめは普通に準拠のMail使ってたけど、ここから送った添付をwindowsで
受け取ると、データフォークとソースフォークの両方が現れてうざい。
このときはあまりそれ以上調べることもなく、Tiger出るまで別の使おうと考える。
ネスケで我慢すりゃいいんだけど、ツールバーがでっかくてメール読みにくかったり
宛先の横に出る添付ウィンドウがむかついたり。。
かつてクラシック時代はEudoraに限るって感じだったけど、広告つくし
日本版はなぜかLivedoorに食われちゃったしで、即敬遠。
他にもmeekaとかarinaとか、色々あるけど、たまたまOffice買ったときに
開いてみたEntourageの外観と操作が気に入って、これにしようかなと一応落ち着く。
が、たまに起動やアイドル時にCPU100%になったりして、やたら重くなるので
再びメーラー選び。そして、結局準拠Mailに戻ってきたのでした。
添付の問題は、ちゃんとメニューに「Windows対応の添付」という項目があることに
気付き解決。

あとは「後で送信」機能ですね。。。これ、どうすりゃ設定できるん?
デフォルトで直ちに送られちゃうんですが。。
まあどのみち、Tiger出るまでもうちょいの辛抱ね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

うお!(魚?) + 50k

サザエさんに引き続き、また魚かよ。。。<題名

http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore.woa/80202/wo/SA2z3K0c0tBK3uPSsKU1PqoSemQ/0.0.11.1.0.6.21.1.1.1.1.0.0.1.0

もうちょい待っとけばよかったかも。。。;_;グス
トラックバッドのスクロール機能。。意外に、いや結構欲しかったり。。

いやさ、んなこといったらキリないやね。(マケオシミ)
ハードだから、アップグレードなんて駄目さね。。。orz

いや待てよ。。。こういうのってソフトで制御できないか。。。?
2点で触れた位置座標を取って、その角度を割り出せば、進行方向を判別できる。
それをOSのスクロール機能に渡せば。。。(なんかすっごい漠然としとるな。。)

--------------
2005/02/05 割り込み:

とかなんとか、ひがんだり分析したりしてたら、あった、あったよ!
Side Track:
http://www.ragingmenace.com/software/sidetrack/#download
これで寝っ転がりながらマクできるぞ (ずぼらな
マカでパッド命な人、ぜひお試しあれ。
-----------

そういえば、今日は節分ですね。昔は「せちぶん」っていったんですよ。
うちは豆まきというより、相棒との豆拾い競争になると思います。
今年も姪と一緒に過ごせたら、喜んで鬼役やるんだけどなあ。。。'ー`
「親ばか」ならぬ、「叔父ばか」だ。。

---
THX FOR 50K HIT on M2N!!!!!
さきほど、わが作品の展示サイト「M2N」が、おかげさまで5万人の犠牲者。。。もといお客様の来訪を記録しました!! ひとえに皆様の暖かいまなざし(情け)のおかげです。
これまでは、意味があるのか無いのか分からない個人営業のままやって参りましたが、これからは身辺の環境も一新し、自分の未来に、社会に貢献するような、そんなM2N、そんなminoを目指して参ります! :D

| | Comments (0) | TrackBack (0)