ちょっと早いターニングポイント

010

先輩知人の伝で、渡米以来の念願のひとつがかないました。
日本を中心に毎月出版されているCG専門情報誌 CGWORLD の今年9月号「海外で働く日本人」コーナーに掲載していただいたものです。 学生時代から進路転向、その後のなけなしの経緯を書いています。

2ページなんとか埋まるネタがあってよかった。。と思うのは、実際にはここに載るにはまだまだこちらでキャリアを積んでからのほうがいいだろうな、時期尚早かなと思いつつ取材を受けていたからです。
でも、いずれにしても載せていただいたことは光栄! かねて渡米前、本誌の先輩陣の記事を見てモチベーションを高めていただけに、ひとつ目標到達できたことは純粋にうれしいです。

これからは、実が伴うように頑張ります!

5-Dよりもう1枚 >
5d_overdriven


| | Comments (2) | TrackBack (0)

木曜からwktk。

5d_hero_alphania_web

Sk_lil_milla

Sk_adult_milla

週の折り返しを強く意識しはじめる。木曜日が非常に共感してしまう。

それこそ社会人一人前の性(さが)であると、
世間の偉い人が言っているような気分。
たいていそういう人は、1日中ゴルフしてる間に代わりに働いてくれる人がいるんだろうな。

とくに今週の土日がComicConのおかげで丸つぶれということを知りながら
来週へ充電しろというのが、家族サービスデイを持たない自分にとっては免疫のない生活なのです。
サンディエゴへぶらり旅というだけでも、まぁ気分転換になるか。。

自分が今までで一番闘ってたなと思う頃、聴いてた曲を聴きながら、また明日がんばろう。


*** ミノミヤビのリンク ***
お気に入りや いいね! をよろしくね
Facebook
DeviantArt
Pixiv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6÷2(1+2)= ??

ご無沙汰しております。
近況のキャッチアップもせねばという状況なのですが、ちょっと飛び込んできたお話があって、面白い議論なのでポストして置きます。

6 ÷ 2 (1+2)

答えはいくつでしょうか?
これについて、最近いろいろな記事で騒がれています。

真っ先に 1 と答えた人が多いのではないでしょうか?
かくいう自分も 1と答えました。

ところがこれは不正解で、正答は 9 とする意見もあるのです。
なぜ? その計算方法はこうです >

6 ÷ 2 x (1+2) = 6 ÷ 2 x 3 = 3 x 3 = 9

http://getnews.jp/archives/114382
最初、友人にこのソースを見せられて、知りました。

自分の意見は、まず最初に言うべきは あくまで中立の立場から、できるだけ客観的に見るという点で書くということです。 皆さん、よろしくね。

自分もはじめ 1と解答したわけですが、上の記事を読んだとき、四則計算の法則からは9になるのでは?と考えるようになりました。
しかし こちらのリンク にあるように、多項式の概念からおかしい!と考えるのが自然。
÷ によって、単項式 6 と 単項式 2(1+2) がつながった多項式 と考えるから。

しかしここで、多項式とは Wikiにもあるとおり、
「定数および不定元の和と積のみから」なっている。詳しくは、この定数や不定元を項と呼び、「複数の項を足し合わせることでできる式であることから多項式」といいます。ここは、自分も思わぬ盲点。上の「÷で多項式になっている」の意見に そうだそうだ!といってしまいました。

じゃあ一体、この ÷ と 積の定数 2(1+2) が混合した式はなんなのでしょう?
ここからは自身の意見も交えた話になりますが、定数表記の 2(1+2) に 除積の表記が混ざった書き方をするのが、われわれが受けてきた数学教育では不自然なのではないか? と思います。
それと、1派の考えでは 中学数学「文字と式」で習った、「項」「定数」「単項式・多項式」の理論に基づいているため、数字表記された小学算数 + - x ÷ に 中学数学 2(1+2) が混ざった時点で、迷わず文字式と同じように考えるのではないでしょうか。

こちらの静岡大学の論文
特に6ページ目を参照してみてください。
文字式において、
(1) a ÷ bc
(2) a ÷ b x c
の比較について考察しています。文字式の理論から考えると、
(1) a/(bc)
(2) a/b x c = (ac)/b
となります。これは、bcという項が定数であり、すでにb x cを前もって計算済み という暗黙の断りが含まれているためです。上で1を解答した1派は、この考えに基づいているのですね。9と答えた9派は(2)の考え。

両者尊重というわけではないのですが、答えは9になってしまいますが、1派も9派も、どちらも自然な考えだと思います。
そもそも文字式のように 2(1+2)のような定数表記と、算数から継承している除積表記÷を混合しているところで、おかしい!と考えるところに行き着くのだと思います。

学問、特に数学は、証明され定理化された理論と解答はたったひとつになります。
教育は、その学問を伝える手段なので、教える側の説明の違い、教えられる側の解釈の違いに限界があります。時がたつにつれ、徐々にその空白は埋められてきていますが。。

中学数学では、文字式が登場した際、除積 ÷ x の表記は ほとんど姿を消してしまいます。
ですが、この際上の議論を踏まえて、上の問題も加えてみてはいかがでしょうか?
6÷2(1+2) のような問題は、その中間を示したものなので、すでに受けた教育をさらに咀嚼する意味で、頭をやわらかくするにはうってつけの材料だと思います。
「ゆとり教育」を謳うならば、その形容があっている話ではないでしょうか。

迷わず1と答え、よくよく考えたあげくに9.
いやいや違うだろ?
いや、待てよ。。。ああ、なるほど!
悔しい! ほんとに9になるのか?
ああ、今までにない表記で、知識のニッチ部分が埋められた!
これは面白いな。

自分の中でも、こんな思考が展開されていました。
もっとこういうニッチ埋めをして、頭をよくしていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謹んで暑中お見舞い申し上げます。

5d_summercard2011

何年ぶりかに暑中お見舞い絵を。日本の古家屋と緑が恋しい。

日本は今年も、暑い季節がやってきたようですね。 被災地の東北は比較的涼しいとはいえ、なにかと水や食料などがより必要になる時期になりました。 海外からも義援金や救援活動に渡る国も増えてきていると聞きます。LAからも積極的にfundraiser名目で、イベントからチャリティー活動をしている人が周りにも。 僕もイベント参加者だけでなく、なにかできればと思います。

ここを更新するたびに、毎回近況もアップデートしなくてはならないくらい間があいてしまっています。
▼剣道もだいぶなれました。 アメリカの剣道は少し日本と違い遠慮しがちだった自分も、15年前の負けん気を再び取り戻し始めたようです。 「こんなやつに負けてたまるか」という意地は誰しも強くあるけど、「この人には絶対勝ちたい」という上への意欲も、はやく取り戻したいものです。
また、人間は自分が気付く分だけ精神修練できるんだということも、当時の提言を今うけたかのように感じています。

▼そろそろ、からだのことを考えなくては。 机で突っ伏して寝てしまう癖がついているようで、特に腰によろしくない。 こういうところからぎっくり腰とか、やるようになるんですよね。。。 引越したら ベッドも固めでいいのを買おう。
そして、頬骨に5ミリくらいのシミとおぼしきものが。 ビタミンCは メラニン抑制効果があるとのことで、寝不足の自分は特にもっと摂取しないとなあと思います。 体の中からシミやソバカスを防止する、なにかよいものがあれば、皆さんぜひお教えくださいませ。

▼引越しは、ルームメイトが見つかるまで保留です。 west LAでなるべく日本人、誰かいたら声かけてください まず一緒に越せる人が見つかってからですね。。

Memorial Dayの連休も終わり、明日からまた出勤です。 平日1日減ったから今週末はちょっと早いぞ。頑張ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超級ご無沙汰しています

いやはや。

書こう書こうと思って、めくるめく環境の変化ゆえに このかたまったく手をつけられたもんではありませんでした。ようやく日記です。

前回の更新から近況をキャッチアップするには膨大なので、最も大きな変化から。

▼就職しました。LAにある、小さいけど精力的な会社です。本命のひとつでもあったので、年明けにデモリール更新直後、即効で送ったも募集がなく その時点では断られ。2月も下旬、いっこうに網にかからないので、しぶしぶ日本帰国し就職も考え始め。実際OPTが夏までなので、それまでは粘るとして、この時期にどこか返事がないのは。。。という状況。
3月にはいり、いよいよやる気も失せてきた頃、話が聞きたいとアートディレクター直々にメールをいただきました。その後日程を改めスカイプインタビューののち、研修を経て(3日間LAに、とんぼがえりはうれしい投資でした)、
誕生日の4月10日、入社。 就労ビザサポートはあり。入社とともに手続きを開始してくれました。 肩書きはまだ学生ビザでのインターンながらも、プロジェクトを2つ、かなりコアなレイアウト、アニメーションをさせていただきました。

ビザ発給は、少しレスポンスが遅かったものの9月末、発給の通知を受け取りました。10月イッピで発効され、晴れて正社員になりました。現在3つ目のプロジェクトで、徐々に仕事にも慣れてきたというところです。先輩や上司の方たちは、みないい人ばかりで自分のような甘やかされた性格の人間には、本当に恵まれたラッキーな職場環境だと思います。感謝に尽きません。


▼会社のほうは、とんとん拍子で来ているようですが、生活は結構なものです。 LAは、車社会。車も免許も持っていない自分のような人間には、ダウンタウンのように密な場所でない限り、ほぼ生活の自由は限られます。もっとも日本で免許は23でとっていたものの、電車や自転車での移動に苦はなかったので、ほとんど車に乗る必要がありませんでした。もとより車にも興味はなかったし、運転もあまり得意なほうではありません。
とはいえ車社会のLAで、もはやそうは言っていられない。 今はがんばって、片道2.5マイルほど(4km以上)を自転車通勤しています。慣れてからはそこそこ安定してきたものの、やはり汗だくで、トイレでTシャツを着替えてからオフィスに、という生活には嫌気がさします。

あげる尻はちょっと重かったものの、ようやく今月上旬にパミット(仮免)をとり、今度の日曜、免許試験です。運転は地元の教習レッスンをうけていますが、2度目で結構慣れました。目視確認や駐車、フリーウェイなどはまだ安定していないものの、最近ではむしろ運転が楽しくて、はやくレッスン日にならないかという変わりよう。知り合いにグリースモンキーな先輩もおり、車の面白さがだんだん身にしみこんできました。人間は、必要に迫られると変わるものですね。 もちろん最初は中古車だけど、それも知り合いのディーラー経由で。いいのがあればいいなあ。

▼その地元の知り合いの先輩ですが、お子さんたちが近場で剣道をやっていることが判明。
落ち着いたら、14年ぶりに再開です。退部届けをもって話しに行く直前に トイレで心の準備をしていた
記憶は、今でも鮮明です。あのときに未来に問いを。必ず答えてやると誓いました。 答えます。


ざっと大きなニュースだけ。
来年初春には、大方生活も腰を落ち着けているはず。これからは仕事も、新人面もしていられなくなり
後輩もでき、何かとプロとして本勝負になることでしょう。頑張ります。

ビザの書き換えもあり、年内あるいは年明け(おそらく年明け)、帰国予定です。

ぼちぼちと、日記も復活していきまっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photoshop : 20th

yay :D
http://www.adobe.com/jp/joc/ps20th/
さー。さんからの情報です。

はじめて触ったのは11歳、、、1.0がマックで出たときでした。
Mac Classic IIcxでは、まだまだスペックが追いつかず、立ち上げるのに5分くらいかかっていたような。。
10KB JPGを開くのに30秒くらいかかるんですよ。

95年インターネットが我が家に来て、自力でモデムを引っ張って。。。
楽しかったな。あの256Kモデムの音を聞くと、ちょっと胸がいっぱいになります。

黎明期を知らないITチルドレンたちに、もどかしさよりも、あの楽しさを教えたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

てをつなごう

Sk100304_hirosan

手に手をとって。

ほら、こうすれば、
君が立ちすくんだら、いつも僕が引っ張ってあげる。
僕が疲れたら、たまには君が引っ張ってくれる。

手に手をにぎって。

ほら、そうすれば、
僕の手が冷たいとき、いつも君が暖めてくれる。
君の手がためらうとき、いつも僕が握り返してあげる。

遠く離れてても、エナジーはいつも、
この手からその手へ。
何も語らなくても、言葉はいつも、
その心からこの心へ。

だから、

帰りもやっぱり、手をつなごう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

引越し

このかた全然消息をアップデートしていませんでした。相変わらずSFでOPT・就活中ですが、残るOPTステータスをより快適に、より安く過ごすために、サンセットに引っ越しました。(いくつか写真アップしました)

早速暮らしぶりを色々書きたいけど。。。やっぱり時間がいろいろとなくて、羅列ながら、どんな感じか書いておきます。日記はやはり読者のためにならないと。。。というわけで、留学や旅行を予定している人のためにTIPSな方向性で。

・ダウンタウンにいるときの経験から。スタジオ = ワンルームみたいなもので、$800-1000の間の
 なかなかよい環境は、探そうと思えば探せます。ただ経営元エージェントには要注意。CitiApartment改め
 Skyline Realty (統合して改名したらしい) は、住み着いて波風なく生活していれば
 損傷はないけど、コトあるごとに問い合わせれば、そのよしあしが分かります。<アメリカのサービスは
 日本人からみれば皆無と思っていいかな。。
 安いところは、それなりにデメリットがあります。つくりがヘボいか、風通しが悪いか、近所や外がうるさいか、危険な場所か(僕のいたところはテンダーロイン地区だから、安かった)
 $900程度のスタジオなら、それなりに見つかります。
 こちらに来た人のなかではもはや王道的なサイトが以下です。
 http://sfbay.craigslist.org/
 http://sfc.mixb.net/
 (他にもどっかにBM挟んであるので、必要な方は聞いてくださいね)

・引越し先の郊外については、一軒家タイプ、アパート、その中間的なつくりのものがあります。
 静か。でも電車やアパート、隣の家がくっついてるタイプは、近所に繊細な人はちょっと注意。
 新居は、電車がまん前を通ります。お二階がちょっと騒がしいです。お子茶魔やワン君が走り抜けてます。
 それ以外は、基本とっても静かです。電車や交通量の少ない沿線を探すのが吉。
 ここの家賃は、ルーミーとの分け(= split) で僕のシェアは 750$. シェアするときは、リビングは
 公共的に使うことはまずなく(日本でもここは同じかな)、ひとりそこに住んでます。カーテンかなにかで
 なんとかプライベートを確保できるものの、基本オープンです。 それでも気にしない人ならいいですね。
 (けっこう何かとプライベートな状況は欲しくなると思いますが...)
 通常は、そのぶん家賃をやすく見積もって家賃を出し合います。

新しいルーミー君たちは、面白くていいやつです。パーティ野郎なのがちょっと気になります うるさいとかではなく、
つられて遊んでは、ダウンタウンを離れて出費を抑えるという、僕の引越し名目が意味をなさなくなるからです。。
両方ともファッションメジャー。あの専攻にしては珍しく、ストレートガイです。 トルコ人とメキシカン。はじめはアジアン希望だったけれど、見定め兼ねての紹介お見合いで、案外馬が合うかもしれないと感じるものがありました。
これから少なくとも半年はずっと一緒なので、おいおい見て行きましょう。すでに家のルールを、ちゃんと守ってくれています。お互いの気配りもできているようです。◎。

。。。と思いつきで書きましたが、ひとまず引越してノロマなComcastも線をようやく引っ張ってくれたおかげで日記を書くことができました。
次のアップデートは、、、就職報告かな。。そう願いたい

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Hung VS Hanged

覚書のために。

Hang outという言葉を、こっちに来るとみんな使うようになります。
というか、現地人(特に若い世代)がよく使うのを、留学生が習得します。

そこで、「あのころはXXとよく遊んでた」っていうとき、
I've hanged out XX...か、I've hung outか、
一瞬迷いました。またここで例によってポッサム・オポッサム現象に陥り、
明け方、眠くてクラッシュ寸前のマナコを振り絞って、調べました。

http://www.englishrules.com/writing/2005/hanged-or-hung.php
http://grammar.about.com/od/alightersideofwriting/a/hangedgloss.htm

上の例の場合、Hanged Outが通例。
物を扱うとき、たとえば写真の額を壁にかけるときは、Hung a picture on a wall.

解明豆知識シリーズでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

... 困ったことに。

Okuribito_1
本木雅弘主演の「おくりびと」

日本から遊びに来ていた友達とまた見ました。
一ヶ月くらい前初めて見た瞬間、名作リストが、あらたにひとつ増えました。
アカデミー賞外国語映画賞を受賞した話題も新しいので、国際的に
知られている映画だと思います。Departuresの洋名のもと聞いたことの
ある人もいるんじゃないでしょうか。

葬儀という負の時間を舞台にしている点で、すでに新しい視点ではあるけれど
それ以上に納棺師という、死者とその別れを惜しむ人々の間で、
死者を彼の世に送り出す仕事に携わることになった青年・小林大悟の
心の移り変わり、経験、成長を描いているところが見どころです。

誰しもが経験する死。われわれはそれを旅立ちととらえ、
別れを惜しむ。そのはなむけを、身だしなみや化粧など
生涯最高の状態にして送り出すのが、納棺師の仕事。

死者にも色々、親族関係者にも色々な人たちがいます。
動かなくなったわが子に、勝手に赤の他人に触らせたくないと
思う人もいるでしょう。自分を生んで育ててくれた親にむかって、
「死んだのだから、そんなことしなくていい」 と言い放つ寂しい人も。
死体を棺に納める仕事など、妻にも言えず、友人たちには白い目で見られる。
大悟はそんな中、この仕事の素晴らしさを見出し、一歩ずつ直向きに歩んでいく。

Okuribito_2
もうひとつは、チェロ。元々大悟はチェロの演奏者として
東京で楽団に所属していました。場面場面で出てくるチェロの描写と音色は、
まさに大悟の胸の内と、ゆっくりと流れる山形の風景、人の生と死、怒りや悲しみ、
幸せや安らぎを、しっかり描き出しています。この音色に、何度も涙しました ...。

社長の言葉です。
「生きるためには、食うしかない。
食うなら、うまいほうがいい。
うまいんだなぁ ... 。困ったことに。」

まだの人、ぜひ見てみてください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧